小田原早川漁村は海鮮料理が人気のグルメ観光名所

五節句

あけましておめでとうございます。

本年もよろしくお願いいたします。

小田原早川漁村では日本の良き風習の五節句を推進させていただいております。

そして 1月は、 1月7日「人日の節句」です。

古来中国では、正月の1日をの日、2日を狗()の日、3日を)の日、4日をの日、5日をの日、6日をの日とし、それぞれの日にはその動物を殺さないようにしていたとされております。そして、7日目を人の日(人日)とし、犯罪者に対する刑罰は行わないことにしていたようです。

また、この日には7種類の野菜(七草)を入れた(あつもの)を食べる習慣があり、これが日本に伝わって七草がゆとなったそうです。日本では平安時代から始められ、江戸時代より一般に定着しました。人日を含む五節句が江戸幕府の公式行事となり、将軍以下全ての武士が七種粥を食べて人日の節句を祝いました。

また、この日は新年になって初めてを切る日ともされ、七種を浸した水に爪をつけて、柔かくしてから切ると、その年は風邪をひかないと言われています。(wikipedia抜粋)

「漁師の浜焼あぶりや」小田原早川漁村本店・ららぽーと湘南平塚店にて七草粥の振る舞いを行います。

日本の良き風習の五節句を是非お楽しみに来てください。